妊娠と授乳

妊娠期間中のDHAと授乳中のDHA

妊娠前、妊娠期間中および、出産後の母体への栄養は、胎児および、乳児の発達のみならず、母体の健康においても重要な役割を果たします。妊娠期間中、DHAは、胎児の脳、目および神経系の最適な発達をサポートし、著しく脳が発達する妊娠後期では極めて重要です。発達中の乳児は自らはDHAを効率良く産生することができず、したがってこの重要な栄養素を妊娠期間中は胎盤を通して、また、出生後は母乳から摂取する必要があります。妊娠期間中および、授乳中の母体へのDHAサプリメント投与は、胎児や乳児へのDHAの可用性レベルを高め、特定の発達転帰を改善する可能性があります。例えば:

  • 視覚と手の協調
  • 運動神経能力
  • 注意持続時間

また、DHAは母体にも利益をもたらします。妊娠期間中のDHAサプリメント投与は、懐胎期間を長く保つのを助け、母親の精神状態をサポートします。

妊娠期間中と授乳期間中におけるDHAの重要性

母乳には天然のDHAが含まれています。したがって、授乳中の女性がそれぞれの自らの健康と発育中の乳児の健康を維持するためにこれらの重要な栄養素を含んだ健康に良い食事を摂取することが重要です。

ほとんどの女性は自分の食生活で十分なDHAを摂取していません。DHAの主な給源は、通常の西洋式の食事の主食としての食物選択ではない脂肪分の多い魚です。幸いなことに、最近のDHAの食物給源についての意識の高まりや、特定の妊婦用製品および、栄養強化食品の出現によって授乳中の女性にとってこの重要な栄養素を毎日の食事で摂取することがたやすくなりました。

母体のDHA摂取の重要性を認識し、脂肪酸および脂質(NIH/ ISSFAL)の研究のための健康と国際社会の国立研究所主催のワークショップでは、妊娠中や授乳女性のための1日当たりDHA200mgの摂取が推奨されました。

pregnant_nursing_1
pregnant_nursing_2

最近の投稿


This site uses cookies to store information on your computer.

x