子どものための食生活と運動のヒント

健やかな体は、子どもが健康な心を育むのに欠かせません。長い目で見ても、しっかり栄養を取り、しっかり外で遊ぶことが心の健康を支えると言えます。

成人にとっての運動/エクササイズでは、ウェイトトレーニングやステアマスター(階段昇降)を想像しがちですが、子どもにとっての運動は、屋外での活動や休み時間の遊びが中心です。

最近はスマートフォンやゲームが普及していることもあり、運動する時間が減っています。運動は、食事や睡眠と同じく子どもの成長には欠かせないもの。それが減っているということであれば、子供の成長に悪影響がでる可能性もあります。

子供の成長を促すためにも、運動する時間を積極的にとるようにしましょう。ここでは、子どもに人気の運動ランキングをご紹介します。どれも始めやすく、子どもも楽しめるためまずはこの4つから始めてみるといいでしょう。

  1. バスケットボールコートで行う「H-O-R-S-E」ゲームは、家族一緒に楽しめ、子どもが手や足を思いきり動かせます。

  2. サイクリング(自転車に乗る)は、子どもが近所や新しい場所に行って視野を広げられるだけでなく、身体全体を使う有酸素運動です。

  3. チームスポーツは、集団行動(仲間と協力する)の重要性を教えるだけでなく、仲間と一緒にサッカーやテニスコートを走り回ることができます。

  4. ボーイスカウトに参加すると、体を動かす機会を得ることができます。

食生活のコツ

子どもが好きな食べ物は、砂糖を含み、悪玉脂肪が多い物がほとんどで、ヘルシーな食生活を奨励するのは困難かもしれません。しかし偏った食事をしていると、子供の健康を損なう可能性があります。特にアメリカ人は肉中心の食生活を行なっており、野菜の摂取量が低い傾向がでています。これは日本人にも同じことが言え、年齢が下がるにつれてこれは顕著です。

厚生労働省の調査(http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000020qbb.html)によると、成人一人の野菜推奨摂取量は350g。年代別にみていくと、60歳以上が摂取量が一番高いことがわかります。しかし、それでも350gもとれていません。10代、20代はさらに悪く、摂取量が230gと全年齢より低い数字が出ています。

また、厚生労働省によると、1日あたり5皿分の野菜を摂取することが推奨されています。自分の食生活を想像してみてください。1日1皿分も食べれていないのではないでしょうか。そうすると子供の成長に欠かせない栄養素カロテノイドがとれないことになります。目の健康を害し、子供の成長にもよくありません。

しかし、野菜を食べる重要性はわかっていてもなかなか普段の生活で野菜を食べるのは簡単なことではありません。特にそれが子どもとなれば、なおさらです。

ここでは、子どもに必要な栄養素を与えるためのヒントをご紹介しましょう。

  1. タンパク質は、筋肉の発達に欠かせません。スクランブルエッグ、ストリングチーズ(さけるチーズ)、鶏肉など、子どもの好きな食品にもタンパク質が豊富に含まれています。  

  2. 子どもが大好きな炭水化物ですが、砂糖を入れすぎないようにすることが重要です。果物、全粒粉パン、全粒シリアルなどで複合糖質を取らせるようにします。

  3. マグロやサケなどオメガ3を豊富に含む食品を使いましょう。これらの食品は、脳や心臓、目の健康に欠かせないと言われるDHAを豊富に含んでいます。好き嫌いが多い子どもの場合は、DHAオメガ3のサプリメント<LINK TO PRODUCT PAGE>で、栄養を補うようにしましょう。

このようなヒントをもとに、子どもの食生活を一度見直してみるといいでしょう。それぞれとても大切なポイントです。子どもの心と体の成長を促すためにも、バランスのいい食事と運動に気をつけてみてください。

最近の投稿


This site uses cookies to store information on your computer.

x